日帰り1400㎞天空の林道ツー

昨日は四国にある天空の林道に行ってきたゾ。最近天空の池がトレンドになっている気がするので乗るしかないこのビッグウェーブに!と、いうわけで天空繋がりで天空の林道に行き先が決定。

スタートは前日19時40分。これは翌日富山の天気が夜から雨予報のため雨に降られずに帰ってくるためである。ルートはR8→R161で京都東ICからは四国ドライブパスを利用するため高速。

R8道中でゾロ目。なんだかこのツーリングでいいことありそうな悪寒。

西宮名塩SAで給油&休憩。

眠くなる前にドーピングとあんパンをキメとく。

淡路経由で四国入りして吉野川SAで早めに給油をしようと思ったがGSは24時間じゃありませんでした(白目)四国、北海道はなんとなくだが24時間GSが少ない気がする(暴言)結局は伊野IC降りて直ぐに24時間のGSがあったのでそこで給油を済まし途中のコンビニで菓子パンとポカリを購入。

R33を走り天空の林道へとつうづるっこむr363へやってきた。

時間も時間なので真っ暗(4時30分)意外と民家も多くあり静かに走行したつもりではある。

天空の林道に興味のある兄貴は吾川スカイパークをナビの目的地にするといいと思うゾ。

広いんだろうけど真っ暗すぎてよくわかんやないや!

進んでいくと看板を大発見!

ぁぇっ!?と、これではわからんですね。

フラーーーーーシュ!!ここからは明神山頂の看板を頼りに進むことになる。

路面状況は糞糞の糞なので気を付けて進もうね。と、いうかライトで照らしているところ以外は暗闇で怖すぎるんですがそれは…

山頂付近までやってきた。画像の目映く光ってるのは月であり星も沢山見えてはぇ^~すっごい…

多分もう近いはずなんだろうけど景観が全くわからん(ジャガー)

ヌッ!

と、いうわけで山頂にある雨量観測所?に到着。山頂までは全舗装路だったのでオォン車でも安心して(安心とは言ってない)走れるゾ。5時30分前に着いたんで何にもみえないねぇ…スマホのライトを頼りに周囲を散策。

メロンパンとスマホを持って徘徊する姿はまさに痴呆老人!平日早朝で周囲に人気はない貸しきり状態だしかまへんか。

この道の左側に行くと先程の雨量観測所に行けるゾ。真っ直ぐの道は

未舗装路になっていたので歩いて進んでみます。

左手側に鳥居が見える。

で、未舗装路先は行き止まりになっていて雨量観測所の係員用施設っぽいのがありました。未舗装路だが駐車スペースも十分あるので後でバイクをこちらまで移動させよう。

前の鳥居とは別の鳥居があった。なんか心霊チックな画像になってしまったゾ。

朝日ー!!早くでてくれー!!!

バイクを移動させる前に月とツーショット。

移動させて朝日の出待ち。気温は当然のように一桁であり風もそれなりに吹いていたが何故かテンションは高く効かねぇんだよカスが!(天下無双)

うっすらと景観が見える見える。

山頂にあるべきものもようやく見えてきた。

ドゥンドゥン明るくなろうじゃねぇか!

こんなのもあったのか…

しぶとく残る月くん。

天空の林道と雲海の贅沢セットが見れるのは早朝だけ!(早朝だけとは言ってない)

朝日はまだ出ていないが朝焼けがいい感じだで。

ん、なんだこの矢印は

 

遊歩道にしては凄い傾斜なんですがそれは…

朝露で路面はウェットだし滑落しそうなので引き返します(真顔)

ただいま。気付けば結構いい時間になっていたので朝日は諦めて撤退。

明るくなって改めて見えてくる路面状態。

ローアングル落石くんオッスオッス!

こうやって何気に撮影しているが

実は恐怖を感じていたりバイクが左に倒れると死ゾ。

ん、この光は…

朝日だ!いやーようやく拝めましたわゾ(山頂ではないけど)

スゥー…(浄化)

で、行きでは真っ暗で気づかなかったけどこ↑こ↓が天空の林道へとつうずるっこむ分岐点。左が山頂に向かいバイクの止まっている右が天空の林道へと続く道だゾ。

これらをめじるしにしよう、ね。

折角なので天空の林道へつっこめ~(池沼)観測所が下から見える。

入り口付近の路面は傾斜はあるがフラットダートで走りやすい。

サイコ…サイコ…恐らくここが撮影スポットとなる。もうちょい進むと

この看板が見える。この場所は転回するスペースが十分にあるのでオン車の兄貴ここから先に進むのは止めよう、ね。

そうここから先は急にガレてくるのである。

クレバス越えせざるを得ない箇所は2箇所あった。わし(53)はクレバス越えは経験が乏しく対処がイマイチわからなかったが先人の後を頼りに進むとなんか行けた(パワー系ガイジ)

クレバスを越えると紅葉の絨毯がお出迎え。レッドカーペットかな?もちろん紅葉の下はダートである。

更に先に進むと落石箇所。

これも先人の後を頼りに進めた。

更に進むと落石箇所2。

しかしここを進むとゴールっぽい空間が!!

い、いくしかねぇ…

と、いうことでゴール!ぬわぁぁぁぁぁんちかれたもぉぉぉぉん!!

いやーこれから来た道をピストンしなければいけないなんてやめたくなりますよー。

ん?なんか先が見えるようなんだが。恐る恐る先を覗いてみると…

アッ!(即死)まだ先があるんですがそれは…

完全に心が折れたので帰ります(糞雑魚ナメクジ)

クレバスの

ルートを間違え

最上川

あーーーーーー!!!!(池沼大ボイス)何故左から進んでしまったのか?これがわからない。後輪滑ってクレバスに落ちそうになるし左は崖だしホントわけわかめ。もう意を決して強引にクレバスを渡るしかない!

結果自立しました(照れ)アクセルを回すが空転。プラトーンのパケ絵みたいな心境に陥る。馬鹿野郎お前俺は勝つぞお前!

日向小次郎ばりの強引さで抜け出しました♥️クレバス広げてセンセンシャウ!

雲が出てきたので早く逃げなきなゃ(使命感)

逃げきり…完了です…スタックもあったが往復一時間近くかかりました。俺ね…もう逃げる!

あ、そういえばこんな道だったわ(痴呆)

ゆっくりね。

紅葉…感じるんでしたよね…?

道の真ん中に苔を生やすな!!

吾川スカイパークはやはり広かった!

r363もこんな景観だったんっすね~。

よし、帰るぞーーー!!

の前に寄り道。 

四国に来たからにはやはりうどん。うん、美味しい!(OKMR)お腹も満たされたので今度こそ帰るぞとバイクまで戻ってくると…

え、なにこれは…(ドン引き)原因は明らかにスタックなんだろうけどこれは走っても大丈夫なんだろうか…んー、スタックしてから200㎞近く走ってるので大丈夫だろう(正常性バイアス)帰ったらショップに見てもらおう。給油を済ませ高速で京都東ICまで一気にワープ。

の前に淡路SAで休憩。

塩ソフト。餡子との相性もよくてOC。

明石海峡大橋を眺める。ここまでに思った以上に時間が押してしまったので京都東ICからはR161を走り敦賀から高速を使ってワープ。雨に降られたくないし多少はね?ショップに寄ってタイヤも見てもらったが傷は深くなくエア漏れもないので問題ないということで良かったーと思うわけ。

そんなわけで天空の林道ツーは日帰り1400㎞で終わり!閉廷!今シーズンは次回で走り納めかな。

さわやかMTツー

昨日はさわやかのげんこつハンバーグを食べに浜松まで行ってきたゾ。定期的に食べたくなる不思議!去年おいち兄貴と2人で食べに行ったのだが今回は箱兄貴も参戦!三角形になって3人でしゃぶり合わねぇか?

スタートは2時30分。集合場所のコメダ珈琲で開店凸をキメるんじゃい!ルートはR41→R257→R19で一気に南下…

あ~ダメダメダメ(西田敏行)寒すぎて途中のコンビニで暖をとった。大根とかこんにゃくとかも入れたかったが深夜帯のため商品が限られてまうねんな(はんなり)

そして無事集合場所に到着。集合時間3分前のギリギリで(カップラーメン)(ウルトラマン○スモス)わしが一番最後の到着でした。箱兄貴とは先日天空の池で盛りあったばかりであったがGSXの洗車をしており綺麗になっているってはっきりわかんだね。

おいち兄貴とは1年以上経っての再会となった。相変わらずフルパニアにフル装備と圧倒的重戦車のVストで誇らしくないの?シートも綺麗でホンマうまそうやな~。

そんなおいち兄貴からお土産を頂きました♥️ありがと🍆!なお、わしは何も用意してませんでした(人間の屑)

スマホを持つ手が震えるくらい寒かったので早速開店凸。朝コメをキメてあぁ~^^生き返るわぁ~♨️モーニングは三人全員がCセット。やっぱり小倉トーストがNo.1!しばらく談笑し、さわやかまで東海エリアの交通事情に詳しい箱兄貴に先導をしてもらうことになりました(強制)オッスお願いしま~す。

チ○ポ鳴らして♡チ○ポッポ体験しよ♡

道中にある道の駅つくで手作り村でQK。こ↑こ↓のフランクフルトが絶品なんじゃ~。今回はレギュラーサイズを食べたがこの上にジャンボサイズがあり更にスーパージャンボというのも存在する。そんなサイズ食べたらげんこつハンバーグが食べられなくなるだろいい加減にしろ!

道中アドベンチャー心(冒険心)を擽る道を提供してくれた箱兄貴に感謝しつつ目的地であるさわやかに到着。開店して10分ほど経っていたので60分以上の待ちは覚悟していたが50分ほどの待ち時間であり嬉しい誤算。

近くのスーパーで飲料水を買って休憩スペースで密かに持ってきていたボードゲームでサクッと時間潰し。ボードゲーム処女のおいち兄貴も楽しんでくれたみたいで良かった~と思うわけ。

で、いよいよいメインのげんこつハンバーグがきた!きたなぁ!

更にチーズバーガーも上乗せでもう気が狂うほど気持ちええんじゃ。

うぉっ!?全員同じメニュー。大食漢家族かな?

全員完食。お腹苦し過ぎィ!?(当然の結果)クッソ満足して暫く動けませんでした。あ、そうだ(唐突)この辺にぃスズキ本社があるらしいっすよ?じゃけんVストMTに参加しましょうね~。

と、いうことでVストMTに参加。本来であればVスト以外のバイクは遠くへ追いやられてしまう(無慈悲)のだがMT終了間際だったので箱兄貴のGSXもVスト列に誘導されたのだ。しれっと混ざってるのホント草。すると偶然にもヒョロワーのヤマモト兄貴とYuki兄貴と出会う。こんな偶然ってあるんですね~もう奇跡ですよこれ(舞の海)

遊びに…来ました…去年は参加してなかったので久しぶりのVストMTである。

MTも終盤となり楽しいトークショーをしている最中だったのでVストローム1050XTの周辺はガラガラでシャッターチャンス!

正直静止画で見た時はそこまで心に響かなかったんだけど動画見てふーんエッチじゃんと思い直し、今現物を見て射爆するレベルに格好いいと思った(中並感)Vストは来年車検だけどそれまでに発売するようなことになればどうっすかな~俺もな~。

見るものも見れたので終わり!閉廷!自分のバイク(刀)をVストと思い込んでいる精神異常者(ただの悪口)のヤマモト兄貴が帰りの方面が一緒だったのでこのまま参戦し4人マスツーとなった。Yuki兄貴とはここでお別れ。あまり話せなかったけど全国何処にでも神出鬼没してるイメージだしまた会えるでしょ(適当)ほないくど~。

こちらは道の駅潮見坂。話の流れでクソマズサイダーを紹介されるために寄ることになったのだが商品がなくなっていて良かったーと思うわけ。

あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)(ホモは二度刺す)

ヴォエ!代わりにゲテモノソフトを紹介される。そんなの紹介しなくていいから(良心)ソフトクリームは甘くてOCのだが謎の組み合わせは申し訳ないがNG。ただ、このぶっかけられているしらすの塩味で甘さを引き立てているのであればもしくは…いやそれでもマイナス要素の方がでかいんじゃい!

折角のオールスズキ車なので記念撮影。イエーイ(遺影)しかし画像を漁ってみたがおいち兄貴のVストフルパニアが一枚もまともに撮れてなかったのが悔やまれる(Vスト乗りの屑)許し亭許して(落語家)

本日最後の目的地若葉珈琲で〆。

箱兄貴オススメの極みバナナジュースをキメて今日の疲れを癒す。濃厚な味わいで全身に糖分がスーッと効いて…これは有り難い。16時も回っていたし帰りは高速課金によし!決まり!ヤマモト兄貴とはここで、箱兄貴とは岡崎インターでおいち兄貴とはJCTで各々お別れ。盛りあってくれた兄貴達謝謝茄子!すげー楽しかったので来年もまた開催したいぜ。

そしてノンストップ走行で無事帰宅ゥ。

渋滞にハマってちんぽこかわいそう。倒壊北陸道は日曜日にも関わらず快速だで(田舎)

天空のラーツー

昨日は箱兄貴と天空の池にラーツーしにいってきたゾ。なお、フロントタイヤを交換したばかりなので皮むきツーも兼ねて大変お得となっております。

集合時間は9時なので少し余裕をみての出発。ナビをセットしてR41→R471→R158で安房トンネル付近では凍結を心配していたが2~4℃ほどであったので無事通過。各県道を抜けてR19に合流。しばらく走っているとSS食堂が目についた。ん?SS食堂って確か松本より大分と南にあったような…

 

嫌な予感がしたので道の駅手前のコンビニに待避。ナビを見てみると前回通行不能となっていた権兵衛トンネル(R361)経由であった(白目)R19→R153と走る予定だったが来た道を引き返しr254経由でR153に合流することにした。r254の下村付近では1℃を叩きだし路面は大丈夫であったが畑や田んぼ、家々がもう霜まみれや!余裕のあった時間は消し飛んだので写真はないです(無慈悲)

ギリギリ集合時間前に到着することができたが既に箱兄貴のGSX250Rが見える見える。到着後箱兄貴に挨拶を済ませて小休止。ところぉでぇ、箱兄貴はWR250Rも所有しているがGSX250Rを生で見るのは今回がお初となる。フルカウル車で天空の池を走るなんてすげー変態だぜ?(誉め言葉)

このステッカーはなんだ~?証拠物件として押収するからな~?

悲劇的ビフォーアフターをしようと写真を撮らせてもらったけどが既に汚くて草(暴言)洗車しても直ぐ汚れるのでチェーンメンテくらいしかしなくなったとのこと。フルカウル車でどこ走ってるんですかね…(畏怖)林道脳怖いな~戸締りスト4。

 

休憩も取れたので天空の池に向けて出発。今回プランニングも先導も全て箱兄貴にぶん投げたので楽チン○ン(ライダーの屑)小渋ダム経由で横断し天空の池に向かう。天候は最初雲に覆われていたが徐々に好転していった。晴れ男が二人もいるとこうなるとは当然のことであるな(王者の貫禄)

紅葉もロケーションもいい感じだで。

天空の池入口に到着。砂利道をGSX250Rがスイスイ登っていくのホント草。わし(53)は前回同様休み休み登りました(糞雑魚ナメクジ)(息切れ)(老衰)途中ゆるふわ砂利道で車体の向きが横向くんだよ90℃と真横になる場面もあったが倒さずに耐えきったGSX250Rの勇姿は今後忘れることはないでしょう。アクションカム欲しいけどなー俺もなー。

そんなわけで天空の池にホモチリなく到着。これでフルカウル車でも登頂できることが証明されたな!

景色が素晴らしい場所なんで是非アオォン車でもお越しくださいッス。何かあっても一切の責任はとらないッス。先輩好きッス。

ビュルビュル(2台分)

すっげー凍ってるってはっきりわかんだね。

で、ここで今回の目的である気圧でパンパンになったカップ麺を取りだし

途中イタズラ心のある風と傾斜によりポットのお湯をお漏らしするトラブルがあったが胡麻ラー油をぶっかけてキメる!なお、わしのバーナーは貧弱すぎて箱兄貴のバーナーをお借りしました(照れ)

絶景を堪能しながら食べるラーメンを…最高やな!!

更にコメダセットもキメる(中毒)

更に更に車で来た方から撮影料と言われ差し入れを頂戴しました。これマジ?嬉しいなぁ。左の果実はポポーというフルーツで黒ずんでいるくらいが熟してちょうど食べ所さんだとか。美味しく頂きましたありがと🍆!

帰りはブレーキの効きが悪いということなのでわしが先にイかせてもらいますよ~イクイク…ヌッ!Vストのブレーキは効きすぎるくらいに効くので好きだよ。

がんばれ♥️がんばれ♥️(伊東ライフ)

下りもホモチリなく下山。今年は流石にもう天空の池に来ることはないだろうけどまた来たいぜ。で、これからの行動は下栗の里に行くか太平街道に行くかの選択であったが下栗の里は一度訪れたこともあったのでここはまだ走ったことのない太平街道によし!決まり!

まずは太平街道にある飯田峠を越える。標高も高く寒い(さむい)

道中にあるいろりの里で散策。

雰囲気ありますあります。

迫真校舎くん。

キャンプできるところもあり。先程の迫真校舎くんとかは料金を払えば中の見学や泊まることも可能だとかなんとか。僕は遠慮します(半笑い)それじゃあ残りの太平峠をサクッと越えてしまいましょうか。

唐突に終わりを迎える(デデドン)

何がいけなかったんですかね~不思議ですね~。結局太平街道は通り抜けできなかったので引き返しまスゥゥゥ…(敗北者)

コンビニでホモライダーの中で流行っている(大嘘)スイーツを買ってみる。底の生地がカリッカリでうんめーにゃー。名前の通りもう口中クリームまみれや。

そんなスイーツをキメた後のコメダ珈琲は最高や。もう気が狂う。本来シロノワールはデニッシュパンの上にソフトクリームが乗っているのだがホイップクリームに無料で変更可能と聞いたことがあったので試しに注文してみたら画像の通り変更可能であった。ホイップクリームだけで食べてみるとそこそこの甘さであるが、これにメープルシロップをかけて食べてみると甘い×甘い=破壊力という甘さの暴力が襲いかかってきた(わしは好きです)これからの季節寒くなるのでソフトクリームはちょっと…という方はホイップクリームに変更して注文してみては如何だろうか?

 

そんな甘ったるい空間の中、箱兄貴と談笑していると話題はボードゲームへと移る。愛知の方では同人ボードゲームを販売している店があり色々と問題になりそうなボードゲームがあるそうで知らなかったそんなの…ボードゲームは一人用のものもあるにはあるがやはり大人数でプレイした方が絶対に楽しい(確信)そんなことから冬季に雪の降る中温泉入って上手い飯食べて酒飲んで持ち寄ったボードゲームをしたい…したくない?と、わけのわからん熱気のようなものに押されて冬季に是非開催しようと二人で決意したのだ。そんなわけで冬季温泉ボードゲームツー(ツーリングするとは言ってない)付き合ってくれる兄貴がいたら至急、メールくれや。

 

よき頃合いとなってきたのでコメダ珈琲で解散。お別れの挨拶をした後GSで給油を済ませてR153を走っていると後方から見覚えのあるバイクが…やっぱり箱兄貴じゃないか!!もう一度遊べるドン。というわけでR256の分岐点まで延長ツーリングをキメて今度こそ箱兄貴とお別れ。プランニングや先導ありがと茄子!オフシーズン前に盛りあえて良かったーと思うわけ。

 

その後R256を走っていると太平街道の抜けた入り口が見える。あ、これかぁ…当たり前のように通行止めの看板が出ていた。R257→R41で富山まで北上。

なんで?(殺意)でもまあこうなることは覚悟の上でしたので。雨雲がこちらに来たんじゃなくて雨雲にこちらから入ってやったんですよハッハッハ。f:id:zaimokus:20191108162127j:image

ずぶ濡れになりながら下道630㎞でシュー了です(意気消沈)

富士急ハイランドツー

昨日は富士急ハイランドに行ってきたゾ。言っておくが俺はソロだ(イキリト)

出発は開園時間の9時に合わせて3時半過ぎ。でもいま思うとホントギリギリ過ぎたのでもう30分ほど早く出れば良かった。ルートはR41→R471→R158→各県道→R19→R20→R137。河口湖付近で雪化粧した富士山が見えた。開園時間も近かったので帰りに写真撮ればええか。

ノンストップで富士急ハイランドに到着。300㎞以下であればVストは無給油で走れるのですこすこのすこ。入場料は無料だがチケットを購入する必要があるのでチケット売り場で購入し入園。

で、今回の目的はこれ!実は富士急には過去4度訪れているわし(53)だがこのてんこてこまいは乗ったことがなかったので是非乗ってみたかったのだ。

なんでも自分で左右の羽を操作して振り子の要領で機体を回転させるみたいだ。最高回転数がモニタ表示されており114回転程であった。ここはそれを越えてやろうと意気込んでいたら14回転しかできませんでした(糞雑魚ナメクジ)回転させるのにかなりコツがいりそう。あと羽を操作するタイミングも特にアナウンスされないので上昇中とかでも操作できたのかもしれない。全く人が並ぶことがなかったのでフリーパスを使って独り占めできるかもしれないゾ。

で、本来てんこてこまいだけ乗って帰るつもりだったがやはり富士急の顔であるFUJIYAMAは乗らざるを得ない。3分以上走るジェットコースターで過去に連続で乗って腰を痛めた記憶があるゾ(池沼)最高点から見える富士山が素敵なのだがあれー?おかしいねー。富士山が見えないねー。

そしてええじゃないかで〆。富士急での一番の絶叫系コースターだと思う。彼女連れの男性と相席となったが彼女さんは別の女性客と相席であり自分達の後ろの席であった。え?何この人ホモなの?隣同士で乗らないのかなと思ったがアトラクションが始まって理解した。座席が後ろに倒れた際後ろの席の足が丸見えだったのだ。あー足フェチね(名推理)

えー、富士山が見えなくなったので皆さんにはここで富士山をお見せします。

富士山はここにあった(白目)山頂部分はクリームチーズでOCです。

昼飯も済ましたので解散!ソロ遊園地は今回が初めてだったがこんなんで魔法にかかるわけないだろ!いい加減にしろ!

給油を済ましてr708からの一枚。ツーマップで富士山と河口湖の展望がすばらしいと紹介があったが富士山はどこ…?ここ…?

なお、r708道中は糞&糞の模様。その後R137に合流。R20で茅野から

R152へ。相変わらず国道とは思えないほどの狭路であった。工事が多かったのは台風の影響だろうか。

そして今回のメイン天空の池につうづるっこむ道へきた!きたなぁ!11月に箱兄貴と突っ込むためその下見というわけ。

林道とあるが舗装林道なので安心してほしい。ただ途中村落があり軽トラとの離合が多かったのでその点は注意かな。

レストハウス近くで展望が楽しめるゾ。

分岐点。右の道が天空の池につうづるっこむ道となる。もう一つの道は通行禁止になっていたので間違えることはないだろう。

 

ここからの展望もいいお○んこしてるじゃん。

さあ、いこうぜ。

あっ…(察し)

こ↑こ↓から未舗装路。最初しっかりしたフラットダートじゃんと思っていたらいつの間にか傾斜がついて砂利もしっかり固まっていないところもあり凄く…スタックしそうです…

傾斜を登ると

洗い越しくん

更に進むと2回目の洗い越しくん。

落ちたな(確信)

平坦癒しゾーン。道中エンスト含み何度も立ち止まりました。体力と精神の消耗が激しいんだよぉぉぉぉぉ(デスボ)

なんとか天空の池にとうちゃこ。オフロード兄貴がいましたが直ぐに下っていきました。

時間も15時半ほどだったのでいつまでもここにいるわけにはいきません。

今度は下らなきゃいけないのか…(呆れ)

わしの糞雑魚写真じゃ伝わらないと思うので是非君達の目で確かめてくれ!

無事ホモチリなく帰ってきました…箱兄貴はここをGSX250Rで走ろうと計画してるとか頭おかしなるで。

紅葉は素晴らしいんだけどね。

じゃあな!

R361経由で帰ろうとすると権兵衛トンネルが通行止めになっていて草。ショックすぎて通行止めの写真をとるのを忘れてしまったゾ。結局R153で北上するハメになり下道730㎞で帰宅…完了です…

日帰り1200㎞東北の紅葉を見に行こうようツー

昨日は東北にある鳥海山栗駒山の紅葉を見に行ってきたゾ。きっかけは宮城のホモライダーのブログ

www.corocoma.com

を読んで、おお~ええやんとなり栗駒山の紅葉を見に行こうと思ったワケ。更に近く(近くとは言ってない)には鳥海山があり

royalnewbee.hatenablog.jp

こちらは過去秋田のホモライダーと盛りあった地であり紅葉が凄かった(ボキャ貧)記憶がある。じゃあこの二つを見に行こうか(ホモは欲張り)なお、今回は画像多めなのでお兄さん許して!

よし(適当)早速寝坊を決めてしまい出発が1時間遅れてしまったがかまへんか。ルー↑ト↓はナビ任せ。そろそろ東北のツーマップが欲しいねんな(はんなり)

道中のすき屋で朝食。

ガッツリめ。気温は10℃を下回っていたので暖かいものがうん、美味い!

道の駅鳥海に到着。珈琲休憩をとったのち鳥海山にイクゾォォォォォォ!!!

ぁぇっ!?夜間通行止めだなんて知らなかったそんなの…(事前に調べないライダーの屑)時刻は6時。ゲートオープンまで2時間近くあるので先に栗駒山へ向かうことにしましゅ(敗北)

途中にある小安峡に寄り道。

ジオサイトマップ。見所さんが沢山あるが全部は回れないのが残念だ。

駐車場には足湯もあった。

周りを見渡せば紅葉しててええぞ!ええぞ!

折角なので近くの大噴湯を見に行くゾ。

高い(たかい)

長い階段を降りてやってきました。

ほ~ん(わかってない)

少し進むと湯気が凄いぜ!

前が見えねぇ。

お湯汁プシャー!結構な勢いで出てて草。

後ろを振り向くと橋が見える見える。

景観もええやん!

結構急な上り階段っすね。

バテバテなんだよなぁこれなぁ!(老化)

しかしそんな疲れを紅葉が癒してくれます。駐車場まで戻って次は栗駒山へ。

須賀川温泉はどこ…?ここ…?

上まで来ると流石に紅葉の見所さんが過ぎていたが道中が最高過ぎてノンストップで来てしまったゾ(ブロガーの屑)アクションカムが欲しい…欲しくない?

先程の場所からほんの数十メートル進むと須賀川温泉がありました♥️

モブログでは混みあっていたが平日の朝はスカスカでやはり朝駆けがNO1!

こちらが登山口となっております。僕は遠慮します(半笑い)

近くに足湯もある。

折角なんで温泉も入ってきました。温度はちょい熱めで冷えきった体にあぁ~^生き返るわぁ~♨️温泉で暖まったし鳥海山に戻るゾ。ナビを打ち込むと行きに通った紅葉ルート通るので今度こそ写真撮るぞというわけで以下画像を無言投下します。無駄に画像が多いのでスクロールして、どうぞ。

ふぇぇ~しゅごしゅぎるんやよ~。こんなところ走って気持ちよくならんやつおる?わしはほぼイキかけました(イキロー)

鳥海山に入る前にお昼休憩。

天気もサイコ!

鳥海山の頭がひょっこり見える。実は朝方山頂部分は雲に覆われていたのだが雲が無くなっていて良かったーと思うワケ。

鳥海山カレー。色合いが鳥海山を表していて見た目も楽しく味も美味しかった(ご満悦)

ソフトクリームもキメた。紅はるかとミルクソフトのミックスを注文。なお紅はるかはサツマイモのことでソフトクリームとの相性も良くていいゾ~これ。チーズケーキの試食もいただきましたが食べやすくてうん、美味しい!

青空がきもち、ええんじゃᕙ('ω')ᕗ昼休憩も終わり

さあ、行こうぜ。

早速寄り道。道中の展望台から。

ドーンと鳥海山が見える。

ドーンと(ただズームしただけ)

Vストと鳥海山。もうなんか天気も良くてクッソテンション高かったです、はい(反省)で、鉾立展望台に到着。例の如く画像が多いので無言投下するゾ。

あぁ~…で、出ちゃった…(ひで)

レストハウスでは玉こんにゃくを食べた。一玉がでかいぜ!それじゃあそろそろ帰路につきますか。ここまで700㎞ほど走っており、ナビを打ち込むと帰りは450㎞程。時刻は13時手前…下道だと日を跨ぎそうなので高速で帰りましゅ(雑魚)

では鳥海山、サラダバー!

高速に乗って黒埼SAで休憩。

おやつにたこ焼き。給油を済まして一気に富山へワープ!

あ~、ダメダメダメ(西田敏行)眠気を感じたので米山SAで緊急ピットイン。ドーピングをキメて休憩。今度こそ富山へワープし

日帰り1200㎞で帰宅…完了です。今回画像多いので読み込みに時間かかったと思いますがお兄さん許して!本当は画像を厳選すれば良かったのだろうけど、誰も傷つけたくない傷つけたくはないんじゃよー!と優柔不断砲を射爆してしまうくらい素晴らしい紅葉でしたので、つい!なお、鳥海山へと続く鳥海ブルーラインは11月5日から冬季閉鎖なのでまだ間に合うゾ、急げー。

日帰り2000㎞を走り終えて

それじゃあ日帰り2000㎞を完走した感想をつらつらと書いていくゾ。その前に何故日帰りで2000㎞を走るに至ったかですが、これまでオール下道日帰り1000㎞したり高速+下道で1000~1500㎞を日帰りしている内にオール高速だと日帰りでどこまで走れるだろうかという疑問が出てきた。

f:id:zaimokus:20191025082320j:image

単純に高速は下道の倍走れるとして2000㎞、日帰り、でネットサーフィンしてみたがhitはしなかった。1000㎞、日帰りだとポツポツとhitする。日帰り2000㎞は相当なハードルの高さがあると実感した。2000㎞を走るだけであれば1泊なり2泊なり時間をかければいずれは走破できるのだろうがここに24時間以内という日帰りの縛りがハードルの高さの要因なのだろう。f:id:zaimokus:20191025063429j:image

そんなわけで日帰り2000㎞をするにあたり参考にできるものは残念ながら見つからなかった。頼りはこれまでの自分の経験のみとなる。24時間走行に関してはそれ以上の時間を走った経験があるので不安はなかったしルートに関しても九州四端制覇の際に富山から佐世保がちょうど片道1000㎞でありインター近くにバーガーショップがあるのを把握していたのですんなりと考えれた。が、24時間の高速走行による疲労の蓄積具合が経験がないため想像ができなく休憩給油に割く時間に不安があった。本当に24時間で走破できるかやだ怖い…(女の子)オール高速のため一回にかかる交通費もガチャ170連分程かかるため中々踏ん切りがつかなかった。
f:id:zaimokus:20191025082422j:image

そんな中、味噌の国からやって来たホモの兄ちゃんに日帰り2000㎞の話を切り出したところ彼は可能であると豪語した。
f:id:zaimokus:20191024192719j:image
誰かに背中を押してもらいたかったのは事実でこれをきっかけにヤッテヤルデスと日帰り2000㎞ツーをすることを決断。と、同時に絶対に有言実行してもらうんだモンと思いました(暗黒微笑)(道連れ)f:id:zaimokus:20191025054907j:image

決断をしたその日、翌日の天候を調べると上方修正され午前のみ雨となったこと(元は一日雨予報)祝日であること(高速料金の割引)もうこれ実行するに十分な条件が整ってんだよなぁこれなぁ!と、実行日を翌日に決定。準備をして就寝したがこんな状態で眠れるはずもなく出発時間となり日帰り2000㎞ツーがはい、よーいスタート(棒)
f:id:zaimokus:20191025082546j:image

で、ようやく完走した感想(激遅)なお、日帰り2000㎞の感想なので通常の高速走行は1時間毎に休んで、どうぞ。

 

不安であった休憩は約150㎞毎でするといい感じだで。一度300㎞オーバーを通しで走りましたが100㎞で疲れてきたかなと感じ150㎞で疲れをはっきりと感じ200㎞で疲れをビンビンに幹事長。250㎞で無意識にSA、PAを探し出すレベル。高速の走行風を受け続けるのはヤバイわよ!あと高速走行では脳の情報処理がきっと忙しくて下道より疲労感があるんだろうなと思った(小並感)下道の方が危険予知が多くあるんですが高速ほど速度は出さないのでその分ゆっくり(ゆっくりとは言ってない)処理できるのかなと思うワケ。

 

休憩時間は給油含めて大体15分~20分くらいがいいと思う。疲労が溜まってくると休憩時間はあっという間に過ぎてしまうゾ。一応最速休憩時間はトイレと給油を済ませて5分で出発という場面もあったが走行し続けるよりは短くても一旦止まることが大切なんやなって。ちなみに給油にかかる時間は大体2~4分(混んでいなければ)支払いはカードがスムーズ。過去に高速で財布を落とす超絶ガバを発生させた身としてリスク分散のため財布とカードは別に分けておくともしもの時助かると思うゾ。

 

休憩回数は往路が4回、復路が5回だったが最後は時間が余るくらいだったのでもっと休憩回数か休憩時間を増やして疲労を回復させる機会を多くした方が良かったと思う。疲労が溜まると次の休憩までの間隔が短くなり極限まで疲労や眠気がくるとSA、PA毎に休憩してしまうからだ。こうなってしまうと日帰りは不可能となる。

 

ガソリンメーターが残り1メモリになる場面があった。SAに併設されているGSは案外多くあるのでへーきへーき、大丈夫だからと油断したら24時間じゃないところもあるので深夜帯の高速走行は気を付けようね。次のGSまで距離がある場合は大体注意喚起の看板があるので見落としがないようにしたい。Vストの場合250~300㎞毎に給油するのがガス欠の不安もなく時間効率もよいと思った。

 

巡航速度に関しては湾岸ミッドナイトから学ぶ高速道路の走り方でOK牧場(激寒)飛ばしたところで2台のトラック君が迫真のブロックをしてくれるゾ。バイクが来たら狙ってるんじゃないかというくらい追い越し車線に出てくるのはやめちくり?あとはある程度速い車の後ろをストーカーするのはありますねぇ!(人間の屑)相手の速度に合わせて後ろをついていくのは実際かなり楽。ただし車間距離を十分にとろう。

 

眠気対策としてはドーピング(眠眠打破、魔剤等)がオススメ。即効性があるわけではないので眠くなる前に飲むのが効果的。眠くなってから飲んでも効果が出るまでの間は眠い(至言)昼夜逆転生活をしていなければ日中は眠くならないと思う(疲労による眠気は別)のでドーピングをキメるなら暗くなってくる手前ぐらいがよい。

 

体力回復には一口羊羹がオススメ。ただSAには置いてないことが多い気がする(見つけれないだけの糞雑魚ナメクジ)なければあんパンでもいいゾ。

 

こんなところでしょうか。痴呆気味なんで時間経つと忘れちゃうんですよね(照れ)追加すべきことを思い出せば追加していきたいと思いまスゥゥゥ…

 

2100㎞走っておいてなんですが自分はバイクを走らせるのが好きなんだなーと改めて思いました。本州から九州入る開門海峡走ってテンション爆上がりしたし前走った時は夜間で真っ暗だった区間が実はこんな景色だったのかーと感動したり雨に降られて全然前が見えねぇと恐怖したり眠過ぎてSAに駆け込んだりと全部引っくるめて終わってみれば良い思い出です。

 

ただし交通費、テメーはダメだ。

f:id:zaimokus:20191025082011j:image

伊吹山ツー

昨日はみそぼん兄貴と伊吹山に行ってきたゾ。

スタートは8時ちょい前。王道を往くR8→R365→各県道を使って集合場所の道の駅伊吹の里に到着し

みそぼん兄貴と合流。

こちらはみそぼん兄貴の愛シャッのninja400。先月疲れからか不幸にも黒塗りの高級四国に追突してしまったがバイクは軽傷。更にみそぼん兄貴本人も全治1ヶ月の診断を受けながらも2週間で退院する超回復っぷりにより早期の復活を遂げていたのだ(驚愕)

道の駅からは今回我々が調教を受ける伊吹山がみえるみえる。わし(53)は伊吹山ドライブウェイを走るのは今回が初となる。なお、地元民のみそぼん兄貴も今回が初めてになるそうです。近場でありながらも気軽に行けないその理由は料金(直球)お車より安いとは言えおバイクでも2200円の通行料金という強気設定が二の足を踏ませるのだ。お昼ご飯は伊吹山になんかあるでしょ(適当)ってことで伊吹山にほないくど~。

伊吹山の頂上駐車場に到着。道中はワインディングを楽しめるし景観も素晴らしい。第二の人生を謳歌中のOJSN達がクッソ高級そうなカメラを持ってそこら中に徘徊していたのも納得である。

伊吹山はこの周辺の山で一番標高が高いので見通しが非常に良い。

この景色を見ながら

飛騨牛コロッケカレーをキメる。

風もほとんど無かったのでまったりと景色と食事を楽しんだ(ご満悦)

デザートは薬草ソフトクリーム。胡麻ソフトみたい(個人の感想です)で美味しかったです。

頂上までの遊歩道あんねや。僕は遠慮します(半笑い)伊吹山ドライブウェイはお金を払う価値のある場所だと認識できたけど…やっぱり2200円は高過ぎィ!?伊吹山をあとにしてホモ御用達のキャンプ場や揖斐茶畑を通って

道の駅星のふる里ふじはしに到着。

ここの豆乳は大変濃厚だとみそぼん兄貴に猛烈アピールすると飲んでくれました(美味しいとは言ってない)

わしは豆腐を食べました(屑)

この先わしは冠山峠経由で帰るのでみそぼん兄貴とはR417とR303の分岐点でお別れ。

名残惜しいですが楽しい時間を過ごすことができました。ありがと🍆みそぼん兄貴!また一緒に走りましょう!

で、こちらが冠山峠の道となっております…

洗い越しくん。

染まりきってないが紅葉の季節なんやなって。

冠山峠ではオフ車兄貴達がいたのでパパっと写真撮って終わり。

冠山峠景観よい…よくない?ただし路面は糞だよ糞(辛辣)福井側も走り切り

下道500㎞で帰宅…完了です…