中国・四国ツー3

中国・四国ツー3日目。

今日は福山に向かうゾ~。

 

と、その前に朝食バイキング。

バランス壊れる~。

パンと米を食べるのは基本!

 

朝食を食べた後は支度をして出発。

ホント玉造温泉は良いところでした。

 

で、最初に向かったのがこ↑こ↓

ベタ踏み坂と言われる江島大橋

ポスターではまるで壁のようになっているが…

わし(53)のクソ雑魚ナメクジの腕ではダメみたいですね…

見る角度によってはとんでもない角度をしてるのでおもしれえよなぁ?

 

江島大橋を通過して次の目的地にイクゥ!

道の駅でソフトクリーム休憩も忘れずに。

砂利の駐車場に停めて

目的地にはい、到着ぅ!

遊覧船もあんねや。

でも乗るとチェックイン間に合わないしな~どうすっかな~俺もな~。

キャンセルだ!(無慈悲)

 

途中休憩を挟みながら

今日の最終目的地福山に到着!

 

チェックインを済まして夜にあるホモの飲み会に備えるているとゆでまる兄貴から0次会のお誘いがあったのでホイホイついていくゾ♡

 

ゆでまる兄貴と合流して早速0次会開始。

なんだこのグラスはたまげたなぁ…

あ、これを注文したのは友人(ノンケ)です(半笑い)

 

しばらくすると北陸ガンギマリツーをしてきたばかりのとぅでい兄貴とRyo兄貴も合流。

そして約束された地で400円大勝利してきたピーヤ兄貴も合流したので

かんぱ~い。

 

わし(53)含めて6人でしこたま酒を飲んで盛り合ったぜ!

それにしてもピーヤ兄貴とゆでまる兄貴の広島勢情報開示力の高さはホント草。

終始圧倒されました(雑魚)

 

楽しい時間ってあっという間に過ぎるものでしてお開きの時間に…

2次会に行くのは当たり前だよなぁ?

 

が、2次会が始まり直ぐに潰れる(クソ雑魚ナメクジ)

ホモの兄ちゃん達とお別れの挨拶もまともにできないまま友人(ノンケ)に介抱してもらいながら宿にinして下さい?

 

宿に着いて直ぐにバタンキュー(古代文字)

こうして中国・四国ツーの3日目は終わった…

 

主催者のわし(53)が真っ先にドロップアウトしてしまいホモの兄ちゃん達には本当に申し訳ない。

許し亭許して…

中国・四国ツー2

中国・四国ツー本日は2日目。

今日は出雲大社に行ってきたゾ。

 

朝はコメダ珈琲でモーニング。

やっぱりCモーニングを…最高やな!

昨日気になっていたしるこサンドも注文。

中に小倉入ってんねや。

味は普通にビスケットで食べてると喉がクッソ渇くねんな…

 

とここで埼玉からきた友人(ノンケ)と合流。

ここからは3人で出雲大社にイキますよ~イクイク!

 

で、今回下道だと出雲大社の観光時間が作れないので高速でワープしまスゥゥゥ…

そんなわけで蒜山高原SAで休憩がてらにチョコソフトクリームを決める。

更に牛乳と生きびだんごも追加。

いずれも濃厚でOCです。

 

そして出雲大社に到着。

ここでようやく三台揃った写真(トレーサー、Vスト、アフリカツイン)を撮ったが全く写真写りを気にしない配置に涙がで、出ますよ…

このツーリング中にはたしてまともに並んだ三台を撮ることができるでしょうか?

それではご覧ください…

 

はぇ~…すっごい太い…

出雲大社での参拝作法は二拝四拍手一拝…ご丁寧に賽銭箱の近くに参拝方法が書いてありました。

このツーリングの成功を祈る。

 

参拝も終わったので境内を見回ります。

悲しいなぁ…

交通安全ステッカー欲しさに購入。

今度トップケースにぶちかましてやるぜ!

なんだこの馬!?

なんだこの大国主神!?

あぁ~天気も良いしサイコサイコ…

ようやく正門にくる屑。

裏の駐車場に停めたから仕方ないね(レ)

 

お昼は出雲に来たからには十割そば!!

と近くの蕎麦屋に入ったら満席…

待つのもなんだしと店を出ると

ん?

ボリューム満点OCです。

 

あ、そうだ(唐突)

出雲って蕎麦のイメージしかなかったんですがぜんざい発祥の地なんですって!

と、なると当然食べなきゃだよね!

ちょっと甘いもの食い過ぎてんよ~(指摘)

冷たくてOCです。

 

出雲大社も一通り見回ったので海岸沿いを走り日御碕に移動。

きれい。

日御碕灯台は中に入って登ることもできましたが階段はキツいので僕は遠慮します(半笑い)

 

日御碕を出てR9をひた走り本日の宿玉造温泉に到着チェックイン。

外観内装共にクソでかくてたまげたなぁ…

 

温泉に入ったあとは周辺を散策。

なんかここで撮ってくれとばかりに置いてあったので

そこから撮ってみましたが…なんか微妙(暴言)

散策を終えた結果周囲にコンビニなし!

食べるとこも特には見当たりませんでした…

流石にバイクで食べに行く気力はなかった。

あ、埼玉の友人(ノンケ)は別行動(キャンプ)しています。

 

そういえばこのホテルの外観とか内装を撮ってなかったので何枚か。

玄関口。

庭。

噴水付いてんねや。

 

かなり立派に思える…思わない?

というか玉造温泉全て立派な宿しかないように思える。

これでモニタリング価格で泊まれるんだからおもしれぇよなぁ?

 

うーん、しかし周辺に食事する所がないのは参った。

スマホで調べてみると歩いて3分もしないところに寿司屋があった(池沼)

inして下さい?

ビールビール!

寿司三昧!

美味しいけど…美味しい!

明日のホモの飲み会のため黒霧島を予行演習。

水割りで飲んだけど飲みやすくてOCです。

あーダメダメダメ!

 

寿司屋でたらふく食べてしこたま飲んで(2杯)大満足。

部屋に帰ってくると

近すぎるッピ!

最後にもう一度温泉に入って

民謡ショーはスルー(無慈悲)

それではおやすみなさい(唐突)

中国・四国ツー1

今日から中国・四国ツーに行ってるゾ~。

スタートは12時と遅め。

 

R8を経由して道の駅こまつ木場潟で昼休憩。

ここのチョコソフトクリームは濃厚でボリュームもあって通る度に寄ってまうねんな…

ヌッ!?(14時前に売り切れ)

まま、ええわ(寛大)

抹茶ソフトで我慢したるわ(震え声)

いいペンキ☆

その後R27→R173→R372を走って

本日のお宿ビジホB&Bに20時半に到着。

元ラブホ(直球)らしい。

 

R372では山中走行だったので人里離れたところにある特有のラブホと思っていたが、コンビニ、GS、高速、食事処さんと立地は素晴らしいものがあった。

 

なお館内設備はナオキです…

元ラブホにクオリティを求めてはいけない(戒め)

でも目の前にコメダ珈琲があるので+1145141919810点。

しるこサンドはまだ食したことがないので今度購入してみよう。

今回する注文はじゃあこれ!

友人はミニサイズでわし(53)はレギュラーサイズを注文。

コメダのかき氷は初となるが…

これがミニサイズなのぉ?

ミニサイズがこれならレギュラーサイズは一体どうなってしまうのかぁ!?(ガチンコファイトクラブ)

アッ(即死)

ちなみにこの前にJoyfullで晩御飯食べてます(デブ)

美味しかったので普通に食べれました。

なお友人は残した模様。

会計を済ますと…

カップ販売してんのや。

欲しいけどいい値段してんじゃないの。

どうすっかな~俺もな~。 

 

荷物になるからキャンセルだ!(無慈悲)

きっと地元でも買えるでしょ(慢心)

 

と、後半完全にコメダ珈琲の話になった1日目。

移動に費やす一日の予定だったからしょうがないね(レ)

GIVI箱ツー2

今日はGIVI箱ツーに行ってきたゾ。

 

前回のGIVI箱ツーでは中身無しだったが今回は適当に服や雨具を詰め込んでの試運転ツーである。

 

ちなみに1週間分程の荷物をぶちこんだがまだ余裕があったのでお土産で荷物が増えても苦労しなさそうで58LGIVI箱いいゾ~これ。

 

R359→R304で余裕のある道を走行。

サスも調整してバッチェいい感じでFoo↑↑気持ちいい~。

 

…じゃあ、本番行こうか。

そんなわけで舗装林道にinして下さい?

 

舗装林道が走れれば大抵のところを走ることができるはずだ(走れるとは言ってない)

 

出迎えに猪親子に遭遇。

凄い勢いで横切って行ったので写真は撮れなかったがあんなのに突っ込まれたらやべぇよやべぇよ…

 

今回の舗装林道は雨も降ってないしで快速路だ。 

そんなわけで夕霧峠に問題なく到着!

富山側。

石川側。

なんだこれこれ変態霧野郎!

途中までは晴れていたんだよなぁ…

 

帰りも快速路を走って

いるとたまにトラップがあるからおもしれぇよなぁ?

 

あ、そうだ(唐突)

しっかりマフラーも被害にあっていました(悲しみ)

立ちゴケツー

今日は立ちゴケツーをしてきたゾ(白目)

それではご覧ください(巻き)

 

朝は8時起き。

全国的に天気が微妙に悪いので近場で済ましまスゥゥゥ…

と、いうことで能登に行くゾイ。

千枚田に到着。

お盆中だけあって駐車場は満車。

いつもはいない誘導員も立っていました。

巨峰ソフトクリームOCです。

ハート型のコロッケだそうですが…

見えなくもない…やっぱダメだ!

 

千枚田を出て向かうは道の駅狼煙。

その道中今回のメインイベントが発生する。

 

海岸沿いにある駐車場に入りバイクを海岸沿いに平行にしようとハンドルを右にきると…

ズルリとハンドルがとられ右一杯にフルロック!

くぉー!!ぶつかる!!ここでバンク全開、インド人を右に!!

ここで踏ん張るという選択もあったのでしょうが考えるより早くハンドルを手放していました。

この行動により自分は無傷であったがバイクは重力に逆らわず勢いよく横たわり地面と平行になりました(白目)

 

グロ画像はなし(ブロガーの屑)

写真を撮る前にキルスイッチを押してサイドを立てて引き起こしていました。

 

被害状態を見てみると…

バーエンドとナックルガード。

レバーもポッキリ。

ナックルガードが盛り上がっているところをみるとレバーの先がナックルガードに押し当てられ耐えれずポキリと逝ったんだろうなぁ…

エンジンも傷がついちゃっ…たぁ…

問題の現場。

ハンドルをきってバランスを崩すまで砂場に入っていることに気づきませんでした(池沼)

完全に注意不足です!本当にありがとうございました!

良くみると折れたレバー先が落ちてて草。

あ、レバー先はちゃんと回収しました。

折角なのでパチリ(不屈の闘志)

この一枚を撮るためにコケたんだよなぁ…

道の駅狼煙まで移動。

再度傷の具合をみてみる。

うーん、酷道を走った後洗車して無かったのでイマイチ被害が把握できないゾ。

帰って洗車してからもう一度確認しよう。

と、その前に見附島に寄り道。

別名軍艦島

正面からみると軍艦にみえるからだ。

 

見附島も見たのでいよいよ帰宅ゥ。

帰宅後は洗車をして乾かしすために二上山を走り、改めて被害状態を見てみよう(cv銀河万丈)

アッ!(心肺停止)

最終的な被害状態はバーエンド、ナックルガード、レバー、エンジン、カウルに小さな傷ができました。(ブチギレ)

砂の上で倒れたおかげでタンクやマフラーは無傷であった。

 

レバーとバーエンドは交換して後は戒めとして残します(震え声)

酷道R472楢峠ツー

今日は「開かずの酷道」と言われたR472にある楢峠に行ってきたゾ。

 

これは過去に
天生峠、楢峠下見ツー - Vストローム1000XTに乗っているおっさんのツーリングブログ

大敗北を喫したリベンジ戦でもある。

 

と、その前に南海部品に行ってチェーンルブとクリーナーを購入。

もう予備がなかったんやな…

 

そんなわけでR359経由でR472へ…

行くつもりだったが曲がるべき所を曲がらずに通りすぎてしまったゾ(池沼)

 

ナビなんていらねえんだよ!

と余裕を見せてのこの様である。

 

 改めてナビを打ち込み出発!

前回閉まっていたゲートは開いてます。

早速落ち葉の出迎え。

汚ねぇ道だな。

この辺は温見峠程ではありませんが落ちたらまず大怪我だろうし自走もできないでしょうね。

ガードレールなんて洒落たものはありません。

岐阜県にinして下さい?

おにぎりもしっかり掲示されとります。

路面状態がクソだよ!クソ!

雪に押し潰されたであろう哀れなおにぎりくん

復旧の見込みのないr34との分岐点。

この先は申し訳ないがNG。

いつの間にか下りはじめてました(池沼)

楢峠は特に景観もないので知らない内に通過してたみたいでスゥゥゥ…

道の真ん中に草をはやすな!

竿も根もでけぇなお前(誉めて伸ばす)

前の通行止めにあった時の入り口まで出てきました。

憎い看板は根絶やしよ~(過激派)

続いてその勢いのままR360の天生峠へ!

ここもゲートが開いてる~(歓喜)

正直楢峠の後に天生峠に来ると路面状態が神的にいいから(ピネガキ)

ツーリングルートにする場合は天生峠の後に楢峠が良さそうですね(したり顔)

天生峠を抜けると白川郷の展望台に着くので定番の一枚を撮ってシュー了です。

 

楢峠はクソみたいな路面状態がずーっと続くのと基本的に1~1.5車幅の1車線でありブラインドカーブではミラーもないしガードレールもない、傾斜のあるヘアピンカーブもありと酷道を極めている。

 

今のところわし(53)が行ったことのある酷道の中で一番の酷道となった。

 

決め手はやはりクソ路面の長さ。

温見峠や暗峠は確かにクソ路面はあるがクソ路面の区間はそこまで長くなく基本的に路面状態は良好なのだ。

 

帰り途中のコンビニでアイスの実を食べていると 
ワインディングロードへ行ってきた。 - ツーリングメインYZF-R6乗りのブログ

そう言えば犬兄貴と刀利ダムの奥に行った時に土砂崩れの道を教えてもらったことを思い出す。

その土砂崩れが今どうなっているのか確認したくなってくる(台風の日に用水路を見に行きたく心理)

 

時間は17時になろうかというところ。

日没は大体19時だろう。

刀利ダムまでは40分ほど…

考える時間が勿体ないからね。

道中くっそどしゃ降りにあってノルマ達成。

ちょっとヘンデルとグレーテルみたいになってんよ~(指摘)

あ、これかぁ(白目)

写真ではわかりにくいですが上り坂。

こんな所でUターンしたらホモチリ不可避なんだよなぁ…

取り回しも厳しい傾斜なのである程度石をどけて前進。

帰りここを通ると下り傾斜になるので危険が危ないと判断しこのまま先に進み続ける。

霧ってまいりました。

前が見えねぇ。

障害物くん。

力でねじ伏せました(脳筋)

これ崩れてきたら死ゾ。

落石くんオッスオッス!

目的地に到着~。

土の量が減ってますねクォレハ…。

流石にここは通れないので分岐点まで戻り先に進む。

なんだやこれは?

池できてんじゃん…

バシャバシャ言わせながら通過。

廃墟に到着。

 

写真はない…というか余裕が無くて撮れなかったのですが道中の道は常に水が流れていて砂利が含まれていて所々さんに石がある下り坂を進んできました。

気分は障害物のある流し素麺(錯乱)

生きた心地がしなかった…

 

やっぱり雨が降ってるとドバーっと量が増えるんっすね~。

深さの確認!

もうとっくにずぶ濡れだしヤケクソ。

 

で、最後は下り坂の砂利道。

これも例の如く立ち止まって写真を撮る余裕がないです。

砂利でハンドルを取られる。

フラットと思っていたが凹凸があるのがはっきりわかる。

なんせ凹んでるところは水が流れている。

まさに最後の難関。

 

その最後の難関を突破!

無事ホモチリもなく帰宅できました。

 

雨の日の舗装林道がここまで凄まじいものだと思っていませんでした。

もう雨の日の舗装林道はゴメンだで。

連続盛り合いツー

8月11日と12日にホモと盛り合ったぜ!(出会い厨)

お盆最高や!

 

まず初日の11日。

関東からこげぱん兄貴が富山に来るので迎撃しなきゃ(使命感)

 

お昼過ぎには安房峠くらいかもという情報だったので神岡の道の駅を合流地点としてよーいスタート(棒)

 

関東の方がドバーッと降っているみたいなので遅れますとの連絡が入る。

じゃけん安房峠を待ち合わせ場所にしましょうね~。

 

で、安房峠に到着。

生憎の空模様であったが雨が降るより多少はね?

こげぱん兄貴が到着するまで周囲を探索。

安房峠は長野と岐阜の県境にありますねぇ!

ちなみに長野側から来るこげぱん兄貴はFZ6でいろは坂を走ってくるって言うんだからおもしれぇよなぁ?

僕は下り坂なんで遠慮します(半笑い)

意外と標高あるんっすね~。

高いところすこ。

天気がね…

なんだこの地蔵!?

 

っと時間を潰していたらなにわナンバーのバイクに乗るOJSNに声をかけられたので話し込む。

終始お尻が痛い(意味深)と言っていたOJSNとの話も終わりスマホを見るとこげぱん兄貴から安房トンネルを抜けてすまったのですがと連絡が入っていた。

 

確かに長野側から安房峠に入る時はUターン気味に入らないといけないので分かりにくいのである。

OJSNトークで10分程気づかなかったので急いで返信。

ゆるし亭ゆるして。

 

待ち合わせ場所を当初の神岡の道の駅に戻して来た道を戻っていると。。。

車を2台ほど挟んで前を走るバイクを大発見!

 

後ろから何のバイクか判別するのは難しいのですがホモ箱積んでるのとセンターアップマフラーでわかるんだよなぁ(名推理)

 

と、いうことでストーキング実行。

ポツッと雨粒が来たところでこげぱん兄貴が広い路肩で停車。

 

ここでこげぱん兄貴と初対面。

軽く挨拶をしながら雨具装着後ホモ御用達のセナを連結させて発進。

ちなみにわし(53)は地元スタイルで(雨具は)ないです(半ギレ)

 

インカムでの話題はお互いに出会ったことのあるホモcorocoma兄貴。

二人でcorocoma兄貴の曲がり方をべた褒め。

スパッと曲がるのは本当に見てて気持ちええんじゃ!

 

それにしても中々の雨っぷりで全身ずぶ濡れで気持ちがいい…わけないだろ!いい加減にしろ!!

道の駅神岡まで来たけど雨降ってるし閉まってるっぽいので先にある道の駅まで延長。

 

R41のトンネル内のマンホールにビビりながら走行。

そして道の駅に到着。

 

ここでしばらく休憩しながらお話し。

こげぱん兄貴の周囲にはオフ沼にハマっている人が沢山いるみたいなので気づいたらオフ沼に突っ込んでそうと思った(KONAMI)

 

その後撮影会。

このホモ箱とセンターアップマフラーで判別できたんだよなぁ(染々)

いいゾ~。

聖獣くんオッスオッス!

それにしてもミラーの面積の狭さにたまげたなぁ…

Vストにこのミラーを付けると車検通らないそうでスゥゥゥ…

 

撮影会も無事終わりR41の途中まで走ってお別れ。

こげぱん兄貴はこれからしばらく長期ツーリングなんでお気を付けて🍆。

 

翌日(キートン山田)

今度はホモのお嬢様ことカエルレウムニキとツーリングしに長野はビーナスラインまでイクゾォォォォォ!!

ぁえっ!?

左ミラーくんが何故かゆるゆり(地元並感)状態。

なんで?(殺意)

 

バイクショップに持ち込みたいとこだったが朝早い時間なので絶対空いてないぜぇ?

所持しているレンチもサイズが合いませんでした(ぶちギレ)

なのでガムテープで応急処置。

ETCが明後日の方向を向いてるがまま、ええわ(寛大)

 

走り出してR41に入ったところで豪雨。

雨具は持ってきていませんでした…(痴呆)

しかもこの豪雨はバイク人生一、二を争う豪雨っぷり。

即席の洗い越しが何ヵ所も出来上がっていまスゥゥゥ…

 

当然視界も悪く、目の前に茶色い水溜まりがあったのでそのまま突っ込んだが…

この水溜まり…深い…!?

とんでもない飛沫をあげながら通り抜け。

 

ステップに届こうかというくらいに深かったのでアンダーカウルは完全に浸かっているわけで…

エンジン大丈夫かなとしばらく走ったが問題は無さそう。

流石はアドベンチャーバイクだぜ!

 

で、安房トンネルに差し掛かったあたりで…気温は20℃付近。

ずーっと雨に打たれていたので体力もそうですが体温の低下が著しく…寒いんだよぉぉぉぉぉ!

 

いつもの糞暑エンジン排熱くんは糞雑魚ナメクジと化しているし…

あ、グリップヒーター付けてるの忘れてた(池沼)

電源をONにしてしばらくするとじんわりと暖かくなってきた。

あーこれは助かる。

 

手以外は糞寒いが一ヶ所だけでも暖まると違う(強がり)

8月にグリップヒーターの有り難みを感じるのであった。

 

安房トンネルを抜けるとようやく雨は止んでくれた。

日も出てきたのでええぞ!ええぞ!

 

途中のコンビニで休憩。

ガムテープくんは雨でボロボロになっていたので張り替え。

 

松本から諏訪までは高速ワープ。

この区間の下道は過去に混み合った経験から高速を利用している。

 

待ち合わせ場所のイオンタウン茅野に到着。

この場所はGSもあるしビーナスラインの通り道なので過去ホモツーを主催した時もここを待ち合わせ場所にしていた。

 

で、ビーナスラインのホモツーを主催した経験から今回のツーリングはわし(53)が先導しますよ~するする!

※主催したホモツーでは美ヶ原美術館が閉館していたり冬季閉鎖の道があって迷子になったりとガバガバを極めた。

 

っと、ここでミラーに巻いてあるガムテープが如何にも応急処置しました感があるので併設されている100均でビニールテープを購入。

そのビニールテープを巻いている最中にカエルレウムニキがR3に乗ってご到着。

 

ビニールテープを巻きながら挨拶をして休憩してからビーナスラインに行きましょうといいつつ炎天下の中立ち話をし始める屑がいるらしい。

 

そしていよいよビーナスラインに向けて出発!

R152で北上してr40に入って目指すは道中にあるレストランチャップリン

 

お盆なので激混みを予想していたが混んではいたけど思ったほどだったし天気もよく対向線にバイクもよく見かけるしいいゾ~これ。

 

レストランチャップリンに到着し休憩がてら散策。

ビーナスラインは緑がホントよく似合う。

秋の落ち着いた小麦色もいいが個人的には夏を推したい。

ヌッ!?(瀕死)

若干雲行きが怪しいとこもあるが大丈夫だよね?(フラグ)

6~7月くらいにキスゲの花が咲いているとか咲いていないだとか(曖昧)

 

エルレウムニキもビーナスラインを気に入ってくれたようでご満悦。

またお互い初対面であったのでどこか緊張感のある会話になっていたのだがその緊張感をとってくれたのが共通言語のホモ語録だった。

 

ホモ語録には場を和ませる効果があった?

ラブ&ピース!!

でも会話は一気に汚くなりました-8101919点

 

散策と休憩も終わり次は展望台を目指しまスゥゥゥ…

 

途中車のハザードが点灯していたので臨時信号か何かあるのかなと停車したが駐車場に入るための列でした(池沼)

 

気を取り直して先にいくと先ほどの不安が的中。

霧が発生。

なんだこれこれ変態野郎。

こんなんじゃ全然気持ちよくなんねーよ。

 

展望台も霧まみれで景観も何もないのでキャンセルだ!

このまま終点の美ヶ原美術館を目指します。

 

しばらく走ると霧は晴れたが今度はペースカー(バス)につかまる。

左手壊れるぅ~。

バスの行き先は美ヶ原美術館なので最後までお付き合いすることになりますねクォレハ…

 

そしてトドメとばかりに雨が降る。

一体どれだけ降られれば気が済むんですかねぇ…

 

美ヶ原美術館に到着。

雨も酷いので早々と館内へ移動。

館内は同じように雨から逃げてきた人たちでごった返し。

 

お昼御飯を食べようと2Fのレストランに行くとここも人でごった返し。

ダメみたいですね…

 

諦めて外にあるパラソルの付いた席で休憩。

真っ白なんだよなぁこれなぁ!!

ここで軽食も済ましてしまう。

寒い時に食べるソフトクリームは最高や(キチガイ)

時間が経つと雨も止み、青空も出てきてくれたんやなって。

少し落ち着いてきたのでホモトーク

 

エルレウムニキは基本的に雨に降られないみたいですが…どうして降ってしまったんですかねぇ~ふっしぎですねぇ~。(すっとぼけ)

 

またしっかりしている方という印象。

現在の愛馬であるR3もR25と試乗し比べてしっかり考えて購入されたそうで、わし(53)は友人がアフリカツインとMT-09トレーサーに乗っているし、じゃあVストでと試乗もせずに購入した結果、踵が浮きました(白目)

 

話し込んでいる内にいい時間になったのでそろそろお開きにしましょうかと席を立つと…

また白くなるんだよなぁ~(半ギレ)

 

最後に恒例の撮影会。

すっげーピカピカなカウルだぜぇ?誇らしくないの?

ブルーカラーが美しくクソデカスクリーンにサイドバッグも付いてツアラー化が進んでますねクォレハ…

YAMAHAのデザインはどうしてこんなにも格好良いのか…ん?

クソアニメのヤベー奴じゃん!?

 

また雨も降り始めてきたので撮影会を終わらせて解散!!

 

…と、途中まで同じルートなので分かれ道まで先導しまスゥゥゥ…

で、しばらく走っていると

Q.急にホモツーのグダグダ感がフラッシュバックされた?

A.急や。

 

この道は合っているのだろうか…もしかして間違った道を走っているのではなかろうか…

迷わず聞けよ聞けばわかるさッッ

 

不安が最高潮に達した時ちょうどひらけた道に来たので停車しこの道で合っていますよね?と聞く先導者の屑。

大丈夫ですと返事を頂き安心。

そして走り出して直ぐに分かれ道がくる。

あっ、これかぁ(池沼)

 

別れ際に手をあげてお別れ。

家に着くまでがツーリングなんで気を付けてくれよな~(犬兄貴の受け売り)

 

で、あとは流しながら富山に帰る。

飛騨くらいで少し雨に降られるもカスが効かねぇんだよ!(天下無双)

クゥーン…(絶命)

 

最後にバイクショップに寄ってミラーを調整してもらう。

ミラー調整は無料なのね…

こうして連続盛り合いツーはシュー了しました。