下戸谷林道ツー

今日は小松にある下戸谷林道へ行ってきたゾ。

mokuzai.hatenablog.com

これはかつてr43を目指して間違えて入った林道であり工事により通り抜けはできなかった。

で、今回はもう工事も終わってるだろうということで確認に行ったわけ。

そんなわけで入り口に到着。

こいついつも看板が置いてあんな!

じゃあ俺確認に行くから…

入り口入って直ぐに分かれ道。

右がr43で左が今回進む下戸谷林道。

なんか県道の方が道が荒れているのはきっと気のせいでしょう(白目)

前に通った時より路面がいい気がする。

ここまでさわやかツー。

ここからフラットダートになり

河沿いを進み、やがて上り坂になってイキますよ~イクイク…

ヌッ!?

クォレハ…

通り抜けはダメみたいですね…

前回の工事箇所にすら辿り着けずに

ふりだしに戻る。

…そういえばr43あるやんけ!!

分岐点まで戻り今度は右に進みます。

※県道です。

ここから路面が更に糞になります。

奥に見える白い塊はもしや…

あ、これは問題ないね。

クレバスも出てきます。

木の枝が散乱。

道のど真ん中にクレバス。

で、なんとかなんとか進んでいたがここで気力がなくなりバイクを降りる。

いやー、キツいっす(素)

動画見た記憶ではそろそろトンネルがあるはずなのでそこまではせめて徒歩で行きます(半ギレ)

お?

見えました!戸谷隧道。

奥にわずかに光が見えますねぇ!

中はこんな感じ。

流石にこの中を徒歩で通り抜ける胆力は僕にはありません(半笑い)

 

参考動画ではr43をNinja1000で走破したんだからホント凄いと思う(畏怖)

わしには荷が重すぎたのでr43走破は犬兄貴にバトンタッチします。

じゃあわしは帰りますんで(負け犬)

そしていつもの医王山偵察。

い つ も の

洗車乾かしツー

今日は洗車した後に乾かしツーに行ってきたゾ。

昨日に引き続き気温は高いみたいだし夏装備でかまへんか(ナメプ)

 

KBTITアーマーを装着しトレーサーに乗る友人と合流しR304に

行く前に桜ヶ池クアガーデンに寄り道。

サクラクエストというアニメの聖地です。

作中登場する桜池のモデル桜ヶ池で

桜ソフトをキメた。

R304からR156に入って道の駅上平で

Bセットでよし!決まり!

OC。

天気も良くてバイクも多くヤエーもキマって最高や!

白川郷を過ぎて

みぼろ湖畔で休憩。

R158に入って暫くしてからお互いのバイクを交換。

 

久々にトレーサー乗せてもらったけどやっぱりAモードの加速が半端なくたーのしー。

アクセルを開けた分だけ加速する(当たり前)

いいゾ~これ。

 

R41に入って旧R41のr75に入ったつもりがr76に入ってしまった(ガバ)

途中の峠越えは上りヘアピンの連続であったが…

なんかトレーサーくんVストより力強く走れている気がする!?

 

わしはギアをすぐあげるマンなので下道でも峠でも基本6速まであげるのだが、Vストだと50㎞で6速だとガクつくんだけどトレーサーくんは35㎞を6速でもガクつかなかったゾ。

 

とこぉろで峠道は日も差し込まなくてサムゥイ!

やはりまだKBTITアーマーではダメだったか(池沼)

 

その後R41→R359を走って最後にラーメン食べて解散!

約280㎞走ってしっかりバイクは乾きました(ご満悦)

夜間林道ツー+凸ツー

昨日は夜間林道に行ってきたゾ。

どこでだよ?ってなると思うので

tskikk.hatenablog.jp

tskikk.hatenablog.jp

じゃけんこの記事を読みましょうね~(いつものぶん投げ)

今回わしは夜間林道のため写真がへなちょこなんで綺麗に写ってる写真を参考にしようね。

 

記事を読んでからずっと気になっていたので今回もまた都市計画兄貴のコースをトレースさせてもらうわけ。

でも記事を見る限り一人で行くにはやだ怖い…(女の子)

 

そうだ、倒壊三銃士を誘うナリ!

が、ふれ淫夢くんは倒壊痴呆ドバー支部に出張中だし都市計画兄貴は風邪を引いてダウン中。

頼みの箱兄貴も無念のお仕事(白目)

平日だし当たり前だよなぁ?

が、箱兄貴は仕事前に顔見せに来てくれると嬉しい返信が届く。やったぜ!

 

待ち合わせ場所は林道から近い道の駅つくで手作り村で集合時間は5時!

よっしゃ、箱兄貴に会う前に林道行ったろ!

2時間くらい時間欲しいので現地に3時に着くには…

前日21時半によーいスタート(棒)

ルートは脳死ナビ任せ。

夜間走行は景色も楽しめないし多少はね?

で、時間通りに林道の入り口に到着したのですが…

すげー暗い!(頭わるわる)

ライトが当たってない箇所が見えないんだよなぁ…

あ、今回の林道での写真は全部ハイライトですよ、はい(激寒)

後ろ見たら真っ暗なのも恐怖心を煽りますねぇ。

あと少し前に鹿を見たのでもしかしたら林道でも遭遇するかも…

何より怖いのはプニキ。

熊の餌は勘弁だで。

あれ?なんでわしこんな危険なことをしてるんだ(池沼)

が、もう入ってしまったからには前に進むしかない。

記事で読んだ通り入り口から暫くはフラットだ。

ん、まあまだまだ…

糞溜まりがあったり

通せんぼされたり

潜り抜けたりとゆるゆる進みます。

あ、今回ほぼ1速で進んで使っても2速です。

こんな視界悪くて速度出せるわけないだろ!いい加減にしろ!

まあ、普段の林道も3速までしか使わないんですけどね初見さん。

あ、これかぁ…

記事にも載っていたながーい糞道は今回糞溜まりと化してました。

つまりここを超えるといよいよこの林道最難関箇所に到着するわけ(震え声)

そして最難関箇所に到着。

ご覧の通り上り坂のため上の部分が照らせてないのがお分かりだろうか。

当初ルート選択を間違えなければイケそう…イケそうじゃない?とクッソ甘い考えだったわし(53)

何故か崖側の右側ルートをチョイス(池沼)

やっとこ半分まで到達。

わしの写真には写ってないですがゴツゴツした石が沢山あってアーイキソ!

過去に都市計画兄貴がここを通ってパンクしたのも納得ですわ(原因は釘ですが)

 

上り坂のため足がベタ足になるのが唯一の救い。

二輪二足とVストの馬力を頼りに上っていきます(パワー系ガイジ)

もはやルート選択すらなくなり目の前に石があろうがお構い無しで上るようになってきたその時!!

 

プスン…

 

クラッチの繋ぎが甘くエンスト。

エンジンパワーが無くなったことにより230㎞オーバーの車重を一気に感じてズルリと後退し始める。

慌ててフロントブレーキを握り停車。

都市計画兄貴は軽く記事に触れている程度でしたが結構な傾斜なんですよクォクォハ…

 

エンジンをかけ直し再発進。

ギュルギュルギュル…

再発進。

ギュルギュルギュルギュルギュル…

はぁーーーーーーーーーーー(糞でかため息)

後輪が空転して進まないんですがそれは…(絶望)

 

傾斜があるためスタンドを立てれず降りて確認するとこともできない。

恐らくパワー系ガイジをしていたことにより後輪が石と石の間に挟まっちゃ…ったぁ!

フロントも石を越えないといけないしやべぇよやべぇよ…

ってかエンジンかけ直した際に一瞬ライト消えて完全な暗闇になった瞬間身体強張ったわ(錯乱)

 

…よし

覚悟を決めてスロットルをぶん回しクラッチの繋ぎを慎重にしつつ前後運動を繰り返す。

がんばれ♡がんばれ♡と思わずVストに声をかけてしまう(必死)

タコメーターもレッドゾーン(半クラ)に突入し迫真のエンジン音が誰もいない林道に響き渡る。

そして…スタックから脱出ッッ

うわぁーーーやったーーー!!と歓喜の声をあげた。

誰も聞いてないしかまへんか(照)

 

危機から抜け出し最難関箇所もそのままクリア!

達成感は十二分に味わえたが二度とここは走らないでおこうと心に誓う。

なお都市計画兄貴はこ↑こ↓を数回走られています(畏怖)

もうトラップは十分堪能したよ…

お腹一杯なのでトラップは山側にずらしました。

通ったあとに戻そうと考えてましたが戻し忘れたので誰か戻してきて♡(無茶ぶり)

 

そしてようやく分岐点に到達したので記念撮影も

何も見えねえんだよなぁ…

本当は支線に行く予定であったが既に疲労困憊なため、俺ね…もう逃げる!(脱兎)

で、r37に合流。

もうぜってぇいかねぇから…(トラウマ)

こうして僕の初夜間林道は、くそみそな結果に

終わったのだった。

 

あとは箱兄貴との待ち合わせ場所の道の駅で待機。

しばらくするとあぁ~単気筒の音ォ~!!

急いでスマホを取り出し

ミスショット!(車の後ろ)

ツーヒットコンボ!(バイクの後ろ)

ようやく撮れました♡(下手くそ)

 

気さくな挨拶を済まし早速箱兄貴に今回の夜間林道の話をしたりオフ車、パンク修理、この周辺の事、ずん粉等の話をして二人で盛り会ったんや。

 

で、話してる内に明るくなったので本宮山スカイラインを案内してもらったぜ。

途中鹿2匹と遭遇しつつ撮影スポットで停車。

伐採跡が残る山がよーく見える見える。

上に駐車場があるそうなのでそこまで行ってからゆっくり撮影しよう

と、思っていたが駐車場から結構離れていたため写真はないです。

鹿飼ってんの?しゃぶってよ(棒)

鳥居あんねや。

朝日をカンジル…

そういえばWR250をじっくり撮影したことなかったんで糞雑魚スマホで撮りますよ~撮る撮る!

箱兄貴おすすめのうなぢる。

頑固な汚れをすっきり落とせる凄い奴。

わしもよく糞まみれになるので使ってみたいかも!

ん?

今さら潮岬のステッカーが貼られていることに気づいた(難視おじさん)

本州末端ステッカーコンプして♡

WR250いいなぁ~オフ車欲しいけどな~俺もな~。

と、ここで箱兄貴もそろそろお仕事があるのでお別れ。

無理言ってお仕事前に盛り会ってくれてありがと茄子!

次に盛り会えるのはGWなのでそちらも楽しみなんじゃ~。

 

さて、箱兄貴と別れた後はR19のSS食堂で朝食食べて帰る予定であったが何やらTwitterを見ると同じVスト乗りのおいち兄貴がふもっとぱらにキャンプしに行くことを大発見!

 

ふもっとぱらまでここから200㎞でそこから富山まで280㎞の計480㎞。

ここまで300㎞走ってるから…大体800㎞走ることになる。

時間もまだ6時で18時には自宅に着けそうだ…

よし(ペチン)ふもっとぱらにぶちこんでやるぜ!

いきなり現れてビックリさせたる!(糞迷惑)

 

脳死ナビルートに頼るとR1で無事死亡。

浜松、静岡での一面の糞渋滞。

バイパスですよね?

渋滞ホントひで。

瀕死になったので道の駅に逃げ込む。

富士山も見えてもう一息や。

 

で、ふもっとぱらに到着。

クソでかキャンプサイトに面を食らいつつおいち兄貴のVスト探さなきゃ(使命感)

サイト内はバイク乗り入れ可能なのが実に嬉しい。

この広大なキャンプ場を歩き回るのはいやーキツイっす(素)

 

暫く探し回ると遠目からでもわかるイエローカラーのバイクが目に止まる。

やっぱりイエローは目立ちますねぇ!

近付いてみるとうん、おいち兄貴のVストで間違いない。

ちょうど荷物を降ろそうとしているところに参上(迷惑)

直ぐに気づいてくれたみたいでわし嬉しい(初対面)

挨拶を済まして早々と撮影。

もう待ちきれないよ、早く撮らせてくれ!

 

こちらがおいち兄貴のVスト1000XT♡

パニアケース、エンジン、タンクガードにフォグランプと旅バイクとしてまさにパーフェクトッッってかクソかっけぇ!!!

トップケースも注文中でフルパニア化も近くていいゾ~これ。

わしのVストも混ぜてくれよ~(キチスマ)

アーヤバイ!!

富士山も見えて最高かよ!

それにしてもおいち兄貴のVストはピカピカで大事に扱われているのが伝わります。

良いオーナーに巡り会えたってはっきりわかんだね。

ヴォエ!

こちら悪いオーナーに巡り会ってしまった哀れなVスト。

いや、ちゃんと洗車してますよ?

汚れが染み付いてて取れないだけだから…

 

本当はもっとゆっくり盛り会いたかったけど帰るのが遅れるのでわしはこの辺でドロンしますね(滞在30分)

おいち兄貴急に突撃したにも関わらず盛り会ってくれて謝謝茄子!

次はさわやかツーで会いましょう!!

 

ふもとっぱらをあとにして最後まで脳死ナビルートで帰宅します。

甲府に向かうまでの国道は山に囲まれてたけど空は見えるし適度なワインデイングがあってFoo↑↑気持ちいい~!!

 

松本まで北上して安房トンネルで飛弾入り。

なお、安房トンネル入る前にある安房峠行きのゲートが空いていたのを見逃さなかった!

多分除雪のためだと思うけど今度確認に行かなきゃ(使命感)

富山に着いてからはコメダ珈琲で新作商品をキメる。

OC。

 

で、予定通り18時前に自宅に到着。

時間的にチェンシコだけして下道800㎞夜間林道凸ツーは終わり!閉廷!

…トリップの写真? 

FI警告灯がご機嫌ななめでクソだよハハァ…

と思ったら別の日に機嫌が直ってました♡

ギリギリ800㎞で草。

なんで洗車して2回しか乗ってないのにこんなに汚れるんですかね~不思議ですね~。

宝達山付近散策ツー

今日は宝達山付近の舗装林道を散策してきたゾ。

医王山は犬兄貴が散策してるしわしは宝達山を散策しようと思ったわけ。

 

まず最初に向かったのは宮島峡。

駐車場にバイク停めて

こ↑こ↓を降りると

これが二の滝ちゃんですか…

高さはないが幅広で奥の部分は写真では収まっていないです。

川沿いの遊歩道を通って一の滝へ。

今日は20℃を超える気温なので川沿いは涼しくていいゾ~これ。

橋の下に橋。

一の滝どこ…?ここ…?

見つからなかったので諦めました…

 

次に向かうは牛首トンネル。

r74を通って

到着。

所謂心霊スポット。

中はこんな感じで

中ほどに地蔵が設置されていますが…

ヒェッ…

心ない人によって頭がありません。

落書き悲しいなぁ…

そんなわけで抜けました。

今回は日中だったけど夜に来ると雰囲気抜群でしょうね。

日中でもどこからか雨音が聞こえたんだよなぁ…

ちなみにこのトンネルを訪れると事故を起こす可能性が高くなるそうですって!

 

…気を取り直してr206に入って

ここからいよいよ舗装林道に入ります。

特に下調べはしてないですがかまへんか(ガバ)

途中分かれ道が

ちょこちょこありましたが

そのまま林道小屋谷線を走破。

全舗装路で快速快速…

しかし微妙に残雪が道に残っている箇所がありました。

残念ながら前の車に譲ってもらったばかりでその箇所に遭遇したので写真は撮れませんでした(白目)

快速路だけあって結構車が通っていたし山菜OJSN達もいたので対向車や停車中の車に注意ですね。

舗装林道を抜けた先はr75に合流。

このまま宝達山へ向かい…

ん?

気になる支線があったのでぶちこんでやるぜ!

ダートいただきました!

残雪も…

落ちたら死にはしないけどバイクは引き上げれないでしょうなぁ。

邪魔くさい障害物は除去しなきゃ(使命感)

先に進むと

ファッ!?

道が…無いッッ

っというか滝もないし鉱山跡もどこだよ!(ピネガキ)

よし!

戻ろう(白目)

なかなか良い音を奏でてくれる石くん。

パンって音が怖いんだよぉぉぉぉぉ!!(デスボ)

 

r75に戻って一気に疲れを感じたので宝達山方面には向かわず帰りましゅ(糞雑魚ナメクジ)

牛首トンネル以来の県境。

しばらく走ると…

能越林道技の1号線。

能越林道力の2号線を大発見!

じゃあ、俺力の2号線行くから…

宝達山付近は倒木トンネルが沢山作られてるみたいっすね(棒)

分かれ道。

氷見方面は次回かな…ってことで福岡方面にイクイク!

すると家族旅行村に抜けました。

能越林道は全舗装路でしたが景観がウンコ…ウンコ…

家族旅行村からは五位ダム湖が見えました。

 

r75を出るとき看板裏が見えたのでチラリと確認すると冬季閉鎖の看板で草。

なお、工事の係員がいたので写真はないです。

あとはR8に合流して事故も無く終わり!閉廷!

見附島ラーツー

今日は見附島にラーツーしてきたゾ。

 

天候が夕方からウンコ…ウンコ…なので夕方までに戻ってくるようにしなきゃ(使命感)

と、思いつつ能登島に寄り道。

能登島に入る手前のパーキングエリアから。

歩いて橋の真ん中を目指します。

写真ではわかりにくいが上り坂。

橋の真ん中からは下り坂で能登島が見えるわけ。

七尾側。

奥にある密集した建物は和倉温泉中心街。

写真も撮ったし能登島を抜けて見附島を目指しまスゥゥゥゥ…

能登島を走っているとODO30000㎞達成。

先代(400X)が約33000㎞走ったから後3000㎞程で先代に追い付くんやなって(しみじみ)

目的地の見附島に到着!

軍艦に見える見える(暗示)

きれい。

 

で、ここでお昼を食べたいわけですが

おお~

見附島も見れてええやん!

ところで横から見ると軍艦に見えませんね(暴言)

キメるぜ。

うん!美味しい!(ナイナイ岡村)

デザートもきっちり忘れずに。

 

あとは雨に降られる前にパパパッと帰って閉廷!

舗装林道巡りツー

今日は舗装林道を巡ってきたゾ。

そんなわけで閑乗寺公園展望台にやってきました。

洗車仕立て♡

おお~。

いい格好だぜぇ?

ん?

クゥーン…

癒えぬ傷跡…

だったが最近では気にならなくなった。

林道でついた傷は勲章みたいもんやし(震え声)

で、こちらが林道八乙女線。

前にみそぼん兄貴と来た時に青看板がチラリと見えたがやはり林道でしたね(したり顔)

それじゃあイクゾォォォォォ!!

ァェッ!?

一部雪が残ってますめぇ。

汚ない(直球) 

と、ここで分かれ道。

林道杉谷線?

知らない子ですね。

Vストはこちらに行きたそうだが…

ちょっと歩いて様子見。

すると軽四OJSNが停車していた!!

すいまへぇぇん木下ですけど~…

 

話を聞くとこの先はどこにも繋がってない(断定)可能性が高い(どっちだよ)そうだ。

確かにツーマップをみてみるとピストンしなきゃ行けないっぽい。

う~ん、舗装もされていないし…何より微妙に路面がヌタッている部分も気になる。

よし(ペチン)もう一つの道にぶちこんでやるぜ!(チキン)

ポッチャマ…

あぁポールくん…

桜咲いてんねや。

道は糞だけどな!

少し進むと

オイオイオイ

死んだわ俺。

ここを通らなければ進めない…

ん?何か足元が柔らかいような

ファッ!?

水溜まりになっているところはわしの元足跡です。

こんなところVストで通ったら…

バランスを崩す→右側に倒れる→墜落→突然の死!

バイクで通るのは諦めて歩いて少し進んでみると滝らしきものが…

何っていう滝だろうか。

まあええわ、帰ろう(無関心)

下界に降りてコーティングの確認。

ええコーティングやこれは…(恍惚)

 

次に向かうは採石場跡。

の、前にゆるゆりに出てくる祠がこれだったかな(曖昧)

祠の近くに林道があったが入れませんねクォレハ…

解放される時はくるのかな…

採石場跡に行く道に遊びに…来ました…

犬兄貴はGWでここに皆を突っ込ませるみたいだから見とけよ見とけよ~。

ドバーッと。

でかいぜ!

はい、投了。

行けないこともなく見えるが…

なんだよこの空洞…

スタックが怖いのでここで引き返します(雑魚)

GWまでには溶けてるでしょ(適当)

 

刀利ダムへの通り抜け(激ウマ)は諦めてラストスイーツ医王山にやってきました。

いつもの快速路(大嘘)

まあこれくらいなら…

これは無理!

車が通った跡があるのでスタックはしないと思うけどノーマルタイヤだと転倒することは安易に想像できることだろう(雪国並感)

俺ね…もう逃げる!

ここも桜が咲いてゆ…でもGWには散っちゃうか(悲しみ)

確認に行かなきゃ(使命感)

お兄さん許して!

チェーンソーがあれば通れるんじゃないかな(鼻ホジ)

どっちも通り抜けできなかった負け怪鳥の図。

更にコーティングが強化されました(ご満悦)

 

帰った後もう一度洗車したのであった(二度手間)

早朝池田山ツー

今日はTSKIKK兄貴が企画した

twitter.com

に行ってきたゾ。

 

なお、当日は午後15時から雨予報であったため雨天中止と思われたが普通に開催された(驚愕)のでじゃあ15時までに北陸に戻れば降られないじゃん(脳筋)という元の参加となった。

過去に雨天走行でSENA20Sを水没させてしまっているので2代目まで水没させてしまうとお財布壊れちゃ^~う。

このツーリング絶対雨に降られるわけにはイカない(迫真)

 

あ↑さ↓

北陸の参加者はわし(53)と犬兄貴(R6)の二人なのでR304付近のコンビニに2時半に待ち合わせ。

早朝ツーのため集合時間に間に合うためには北陸からだとこのくらいの時間の出発になるよね(下道)

 

往路は下道ナイトツーなので前回の池田山下見ツーの経験と巡礼ツーでのR156の土砂崩れの情報を生かしてR304→R156でイクイク!

クッソ寒かったので道の駅飛騨白山に待避(雑魚)

24時間やっている足湯とか誇らしくないの?

手を突っ込んで血液が巡る巡る。

 

その後もちょくちょく休憩して給油も済まして

集合時間50分前に到着ゥ!

なお、更に40分ほど前におひや兄貴がここにいた模様。

おひや兄貴は一人で周辺を走っていたみたいですが、結局会うことはありませんでした(絶望)

まま、GWで会えるかもしれんからそう焦んないで(震え声)

 

他の倒壊勢は徹夜明けからそのまま池田山の枝線で糞遊びに行ってるらしい(畏怖)ので帰ってくるまで休むとしよう。

 

暫くして

糞遊びを終えた倒壊三銃士(箱兄貴のWR250、ふれ淫夢くんのKLX250、TSKIKK兄貴のCRF250L)のご帰還。

徹夜特有のガンギマリ。

全部オフ車(大嘘)

 

集合時間を数分(重要)過ぎて

200馬力のオフ車10R小なす兄貴到着。

全員揃ったところで池田山に突うずるっこむ!

 

前回スルーしたパラグライダー飛ぶところで

じゃあ土下座案件発生させた小なす兄貴にはそこで土下座してもらうから(無慈悲)

土下座するホモと土下座を強要し撮影するホモ。

怖っ!

遅刻しないように気を付けよ(棒)

汚いホモ達(暴言)が写っていない岐阜市内。

それじゃあ頂上目指してイキますよ~イクイク…ヌッ!

スタータースイッチ押しても何も反応しないんですがそれは…

 

とりあえずみんなには先に行ってもらう。

サイドスタンドは立ってないしNにも入ってるよな。

もう一度スタータースイッチ押してみるもうんとこしょどっこしょ、それでもエンジンかかりません。

 

もしかして:壊れた?

FI警告灯点灯してるしそれが原因!?

こんなところで壊れるとかやべぇよやべぇよ…

レッカーここまで来れるかなぁ。

幸い下り坂なんでNで池田温泉までは降りれそうだが…

 

…ん?

キルスイッチ入っとるやんけ!

キルスイッチをOFFにしてスタータースイッチを押すとエンジンかかってひとまず安堵。

急いで追いかけなきゃ(使命感)

 

しかしキルスイッチなんて押した覚え…は…ッッ

オイゴラァ!誰だキルスイッチ押したのは!!

 

とても良い笑顔をしていた箱兄貴が犯人でした♡

もう許せるぞおい!(寛大)

途方に暮れそうになったゾ~。

もう許さねぇからなぁ~(豹変)

 

気を取り直して 

池田山登頂達成(多分)

何やってんだアイツ…

おもいっくそ雲に隠れてる伊吹山とKLX250。

雨降らないでくれよな~頼むよ~。

 

池田山の用事は済んだので下山。

次の目的地は滋賀県にある土倉鉱山(廃坑)のため春日方面に向かいR303に合流したいと思うわけ。

ところぉで糞道+狭路をスイスイ進む倒壊三銃士の姿が見えないんですが速くな~い?

と、ここでふれ淫夢くんにホモ散りアクシデントが発生していた模様。

派手に散ったっぽかったですがバイクは自走可能だし当人も軽傷なので何の問題ですか(レ)

バイクも本人も頑丈だなお前(誉めて伸ばす)

ヒェッ…

しっかりアクシデント現場を撮る捜査官の鏡(屑)

ちゃんと当人の安否を確認してからですよ?

 

その後も順調に進み道の駅星のふる里ふじはしで休憩。

ノルマ達成。

抹茶が濃厚だけどしっかり甘くてOC。

オフ車方陣

 

休憩後は廃坑へ遊びにきました…

え、何この入り口は…(ドン引き)

躊躇する大型OJSN達を横に嬉々として突っ込む倒壊三銃士。

あ、おい待てい!(江戸っ子)

ちょっとフットワーク軽すぎんよ~(指摘)

砂利道で旋回を余儀無くされる哀れな大型OJSN達。

10Rのご立派ァ!なタイヤがあーもうめちゃくちゃだよ!

こんなので地面を噛むわけないんだよなぁこれなぁ!

旋回前に空転していた模様。

こ↑こ↓が空転現場(半笑い)

大型OJSN達は歩いていきましゅ…

う~ん。

ルート選択間違えなかったら行けそう…行けそうじゃない?

とりあえず廃坑に到着!

入口から300m程で傾斜はあるがそんなにキツい感じではない。

が、KLX250が入り口付近で空転していたのを思い出す、どうすっかな~俺もな~。

犬兄貴を探せ!レベル810。

ん?

なんで廃坑にセクシー男優がいるんですかね(当然の疑問)

 

一方田所倒壊三銃士は水遊びをドバーッと行っていた。

写真はタイミングが悪く撮れませんでした(ヘナチョコ)

KLX250の後にドバッたCRF250L。

糞水がしたたってんぜ?

WR250もドバると思っていたらスタックしていて草(応援に行かない屑)

しかしINTが上がってドバらず横から抜けて更に草。

かしこ~い。

ホンマ楽しそうやな~(ねっとり)

オフ車が欲しくなっちゃうやばいやばい。

ヴォエ!

ドバらないと逆に汚いままなんっすねー。

ドバって泥落として、どうぞ。

 

その後我々は迫真廃坑探検部と化した。

まだ上があるのか…(呆れ)

わしはもう降りましゅ…(息切れ)

ロープがないと安定して通れない迫真の傾斜くん。

犬兄貴を探せ!レベル114514。

他のホモ達が探検してる間にVスト取りに戻ってビックリさせたる!

ん?

なんて事を…

俺も混ぜてくれよ~(キチスマ)

なんだかんだで行けました(ご満悦)

 

廃坑も堪能し時間も12時前になったのでいよいよ倒壊勢とお別れの時。

そろそろ帰らないと雨に降られるからね。

R303で倒壊勢とはお別れ。

また来世~。

 

今回企画先導してくれたTSKIKK兄貴本当にありがと茄子!

初企画にして6人ツーリングを統率するなんてこれって勲章ですよ…

 

後は木之本ICから高速。

流石に下道では15時には帰れないしここは高速一択。

 

犬兄貴の先導で高速レーシング。

南条PAで倒壊名物ディスコードを接続して直ぐに帰宅レーシング。

犬兄貴の手首や首、尻に疲労が溜まっていたのは見てとれたが雨に降られるともっと疲労が蓄積するからね、だから休まず走っちくり?(無慈悲)

 

途中覆面ホモコップがいたけど犬兄貴の素晴らしい嗅覚により回避。

やりますめぇ(称賛)

 

その犬兄貴とは金沢でお別れ。

そして無事雨に降られずに帰宅ゥ!

キタネ!

流石に次回は洗車してから走ろう。

高速走行したら垢擦りみたいな削れ方するんっすね~(無知)

ん?ってことは峠で走ってるホモ達はあの速度でタイヤを削ってるっていうことに…あ(察し)

 

最後にチェンシコだけは済ましてしまおうとパパパっと終わらせると雨が降りだした。

はい、雨どうしたー?(ピネガキ)